So-net無料ブログ作成

PHILIPSのヘッドホン Bass+ SHL3075BKの簡単レビュー [ジャンルいろいろ]

2019-02-17 11.27.45.jpg


2000円以下で買えるヘッドホン



今回紹介するフィリップスのヘッドホンは
だいたい2000円以下で買えるやつで
こだわる人たちからすれば
おもちゃとか言われるレベルのものです。

まあ手軽な価格から
選びたいと思って
いろいろと調べている場合は
おそらくこちらが目に入るかと。



今回ポイントの消化もあって
このヘッドホンはメルカリより入手。

現在のAmazonの価格から比べると
500円くらい安く1500円ほどで買いました。


PHILIPS Bass+ ヘッドホン オンイヤー ブラック SHL3075BK【国内正規品】


メーカーが用意している画像を見ると
けっこうな高級感というか
しっかりした感じを受けるものの
実際に手に取ってみるとその逆


「小さい」


これについては
仕方のないことでしょう。


まあ
1000円やそれ以下で買える
ヘッドホンと比べるとしっかりしてはいます。


それでは使用感などについて。
スポンサードリンク





長時間の使用には不向き



基本的にヘッドホンを使う場合は
数時間つけっぱなしになるのも
少なくないでしょう。


そんな中では
こちらのヘッドホンには
致命的な問題が、、、


それは、、



耳パッド部分が痛いということ

まあ小さいですし
2019-02-17 11.27.53.jpg



私の体感では
1~2時間程度の使用時間では
痛くなることもなく
問題なく使えています。


しかし
ある一定の時間を超えると
けっこう痛く感じるように。



この痛みは
少し時間を空ければ
良くなるものでもなく
使用時間以上空けないと
良くならない感じです。


そのため
普通のイヤホンを使うことも
多いですね、私は。



ヘビーユーズの予定でしたが
それは無理そうです、、



2019-02-17 11.28.20.jpg




気になる性能は



私は音響オタクなどではないということを
はじめに。




比較対象が適当に買ったイヤホンになります。


音に関しては
問題なくというか
むしろ良かったような。

特に低音に力を入れているような気が。


ヘッドホンについては
数年前にパイオニアのSE-M531というやつを
使ったことがあるくらいです。


音響についてはうろ覚えですが
フィリップスの方が上で

使い心地や使用感については
SE-M531の方が数段も上です。


トータルだと
SE-M531の方に軍配です。


SE-M531の方は
なんといってもずっと付けていても
痛くならないのが大きい。



パッド部分がとても大きいのが
要因でしょう。



これにより
長時間での使用が苦になりませんでした。



安価なヘッドホンなので
仕方はないですが
パッド部分が取り換えできないことが
デメリットくらいでしょうか。


長期間使っていると
皮脂の汚れやにおいが
付着します。


洗濯はできないといっても
日ごろから手入れをしていれば
より長持ちするでしょうが

私はノーメンテで使っていて
2年くらいでどうしようもなくなりました。



もし使用することになれば
拭き掃除くらいはしておきたいところ。



あとは
コードの長さが3.5mくらいあったので
テレビでの使用にも使えますね。


フィリップスのは1mくらいで
イヤホンと同じです。




かなり簡単ですが
レビューはこんな感じです。

2019-02-17 11.28.13.jpg




まとめ



音にこだわりたいのなら
フィリップスのをおすすめ。


PHILIPS Bass+ ヘッドホン オンイヤー ブラック SHL3075BK【国内正規品】




問題なく使いたいのなら
パイオニアのをおすすめします。


パイオニア Pioneer SE-M531 ヘッドホン 密閉型/オーバーイヤー ブラック SE-M531 【国内正規品】








スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。