So-net無料ブログ作成

簡単にできるロッドティップの補修・修理 [釣り]

ロッド補修 (1).jpg

修理するだけならかなり簡単



そういえばこの前
ロッドを買いまして
到着したので開封してみると




折れてた!?


という事案が。

替えのロッドティップを送るとのことでしたが
到着まで時間がかかるため
練習も兼ねて
自分で修理してみました。


スポンサードリンク





修理方法



修理方法は至って簡単。

折れた場所にもよりますが
私と同じように先端の方で折れていれば
炙るだけで。


完璧に修理する場合は
第二ガイドで切ってから
トップガイドも新しいやつを使って
スレッドを巻いて
エポキシで固めたほうがいいらしい。


けど
ロッド自体が安い場合とか
補修にお金をかけたくない場合は
トップガイドも流用して
接着剤とやすりだけでいけます。

ロッド補修 (6).jpg


やり方としては
まずはトップガイドの方に刺さっている
折れたカーボン部分を炙ってから
引き抜きます。

ロッド補修 (4).jpg

ガイド部分が焦げるのは
仕方のない。


次はあらたに差し込む部分が
ガイドの中に入るようにやすりで。

ロッド補修 (3).jpg

やすりは紙やすりを使用。
粗目のやつから始めて
細かいやつに。

2~3種類くらいあればいいでしょう。

もちろん1つでも可。

ホームセンターで100円以下で買えるでしょう。


やすった後は
パーツクリーナーとかでクズをきれいに。



あとは
接着剤を塗って差し込むだけ。


注意点としては
瞬間接着剤を使用する際は
ガイドがまっすぐになるように

すぐ固まるので。



何回も使ってはいないものの
強度的にもそこまでは問題なさそうです。


心配があれば
スレッドを巻いてから
エポキシなどで固めましょう。


実際にやってみると
そこまでは難しくなく
簡単でした。














nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。