So-net無料ブログ作成

釣り具をヤフオク・メルカリで高く売るコツ [おススメの書籍]

スクリーンショット 2018-10-27 00.07.49.png


個人間ならヤフオク、メルカリ一択



釣り具を多数所有・保管できる場合であれば
”売る”ということは不要ですが

・置き場所がない
・新しく買ったことを隠したい

などなど
泣く泣く手放すこともあるのでは?


私の場合は
置き場所等々は困らないのですが
2本以上はいらないという意見なので

新製品を買うときなどは
今まで使っていた釣り具は
下取り感覚で処分しています。

とはいっても
近くには中古の釣り具屋などはなく
一番近いところで7,80キロというところ。



その際に利用するのが
ヤフオクやメルカリなのです。

一定以上のスキルさえあれば
自分で売るほうがはるかに高いです。










メリットとデメリット



メリットは先ほど言った通り
高値で売れるところ


デメリットは
売れるまでの期間が読めないこと、
変な人にあたったら疲れること、
発送がめんどくさいなど。


1円スタートだと
売れはするものの
希望の金額に届かないことも。

まあ
落札相場を見てから
釣り具の状態で
値付けをすれば
たいていはすぐに売れますね。


また
揚げ足をとるように
難癖をつけてくる人と
取引をするようになったら
非常に疲れます。


傾向としては
低価格ほどこの確率は高いです。


昨今のクレーマー事情と同様に
価格以上の性能や対応を期待しているのが
一番の理由でしょう。


とはいえ
私の経験では1%程度なので
そこまで気にする必要はありません。


発送については慣れです。

壊れないようにすれば
問題ありません。

はじめてであれば
プチプチをガイドに巻いて
買ったときのプラスチックの入れ物に入れ
段ボールで巻けばOKです。




釣り具を高く売るコツとは



さて今回の本題です。


先ほど落札相場を見てから
値付けをするといいましたが

このようなケースはありませんでしたか?


「同じような状態・条件なのに 数千円近く落札価格が違う」



これらは
出品のタイミングや
競る人数、写真、説明文など
いろんな要素で変わってきます。


写真はセンスや
撮影機材によって変わりますね。

最近のスマホで十分です。


競る人数を増やすには
1円スタートだったり
魅力的な説明文を書く必要があります。



今回は
説明文を魅力的にするコツについて
学べるものを紹介したいと思います。




それはこれ。
2018-12-13 15.13.59.jpg

私も1冊持っています。



どういった内容なのかというと
消費者の購買意欲の掻き立て方
について書いてあります。


こう書けばこう反応するとか。



ヤフオクとかの販売だけではなく

本業が営業などでも役に立つかと。

なんせビジネス書ですから。



価格はいくらかというと

3700円くらい。




書店で買えるビジネス書でも
2000円弱なので高いですよね。


これは洋書の翻訳で
版権等でけっこうかかるので
この価格らしいです。



しかし
期間限定で12月20日までは
半額の1980円となっています。



それだけではなく
送料は無料で
90日以内であれば返金保証付き。

この本の需要は高く
ヤフオクなどでも買った金額くらいで
捌けるため手間等省けば
ただでノウハウのみ学べますね。


気になったら
こちらから購入できます。



ヤフオク・メルカリで高く売るコツを学ぶ




PS
日ごろから丁寧に扱うのも
きれいに保つコツですね。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。